筏師の道【第二弾】大自然の激流・奥瀞 北山川筏下り

もう一つの熊野古道・筏師の道 【第二弾】
筏師で賑わった新宮の街ハイクと
大自然の激流・奥瀞 北山川筏下り

ikada.jpg

北山川筏下り
600数十年前から、木材を組んで上流から下流に運ぶ手段として
栄えてきた筏流し。ダム建設や陸上交通の発展により木材を運ぶ
ことを目的とした筏流しは途絶えましたが、筏師や村民の強い
想いから、観光筏下りとして筏流しが復活しました。
約1時間10分の筏下りでは、降りかかる水しぶきも心地よく、
まさに自然を五感でフルに満喫する感覚が、気持ちをさらに
高揚させてくれます。日本古来の伝統でもある筏下り、
貴重になった文化を日本で唯一観光素材として新しくアレンジした
筏下りは北山村の名物であり夏の代名詞です。
 

もう一つの熊野古道・筏師の道 【第二弾】
筏師で賑わった新宮の街ハイクと
大自然の激流・奥瀞 北山川筏下り

2017年9月24日(日)~25日(月)
残席わずか、お早目にお申込み下さい。

旅行代金 ¥42,500-(3名以上相室)、¥43,500-(2名一室)
集合場所・時間 静岡駅南口 6:45 他各地
旅行代金に含まれるもの 1泊3食、保険、添乗員同行、現地ガイド、筏乗船料
最低催行人数 15名
体力技術レベル 体力3・技術3
行程 ①各地-南口6:45-最寄りのIC-(東名または新東名)(紀勢道)-速玉大社
(神倉神社など約2時間半のハイク)-湯元山荘湯ノ口温泉(泊)
ロッジまたはコテージ
②温泉9:30トロッコ電車+++瀞流荘9:45バス乗車-10:20観光センター
観光センター10:40発(筏専用バス) - オトノリ11:10 ~筏下り~12:20 小松着
(筏専用バス) -観光センター(昼食バイキング)-尾鷲-(紀勢道)(東名または新東名)
-もよりのIC-南口(21:00頃)-他各地


年間スケジュール、各種資料があります。
ご希望の方はこちらから

ask_icon5.jpg


150403yakkan.jpg

お申し込み・お問い合せはこちら
TEL:054-251-4681
FAX:054-251-4682