開聞岳の最近のブログ記事

ひまわり百名山 霧島山(韓国岳)と開聞岳

霧島山(韓国岳)1,700m
2014年5月12日(火)

2013119191378.jpg

霧島山は宮崎県と鹿児島県にまたがる火山群の総称で、最高峰が韓国岳です。
九州の山の中で、阿蘇山とともに火山活動が活発で入山に注意が必要な山です。
前回の2012年の時は新燃岳の噴火で入山禁止となり、韓国岳の北側にある
甑岳に変更となりました。今回は火山活動も落ち着いて韓国岳へ…
ですが残念なことに、夜半より雨がシトシトと、空を見上げても厚い雲に
覆われています。みなさんがっかりです。でも、入山できるようになった
韓国岳なので頑張って出発です。
早目の朝食後、現地ガイドの方との待ち合わせ場所、えびの高原ミュージアム
センターへ。1,000mを超えたあたりからは霧の中、登山口まではバスで移動
し雨の中を出発です。登山道は歩きやすく一部階段状になっています。周りは
霧で登山道脇のツツジが元気にしてくれます。八合目あたりから風が強く
吹き飛ばされそうで、山頂では登頂の写真のみで下山です。
林の中まで戻ると風は静かですが視界は依然不良、寒く足早に下山。
えびの高原はこの時期、天候が良ければミヤマキリシマでピンクの絨毯を
敷き詰めたようになります。2012年の時はピンクの絨毯のようできれいでした。
今回、濃霧、風雨の中、傘をさして歩けるところでは、傘が寒さを和らげ防寒に
なることに気づきました。強風には注意が必要ですが…
今回、悪天候のため写真がなくてすみません。


開聞岳 924m
2014年5月13日(火)

薩摩半島の南端にきれいな円すい形の山容から「薩摩富士」とも呼ばれています。
屋久島へのフェリーから見ると、海からいきなりそびえる山容に、薩摩富士の別名
にうなづけます。また錦江湾への出入り口にあるので船乗りたちの目印でもあった
ようです。
kaimon.jpg

私たちは指宿温泉から、かいもん山麓ふれあい公園までバスで移動し、歩きます。
二合目登山口まで桜並木の中を歩きます。

二合目からは参道となります。随所に休憩場所がありベンチも設置されています。

P1110259.jpg

五合目を過ぎると岩場が多くなり、滑りやすいところもあります。

六合目あたりの岩の上には、薄い紫色のタツナミソウが咲いています。
P1110261.jpg
P1110262.jpg

七合目からは東シナ海の展望が開け、気持ち良くなります。長い梯子の上が九合目
で、頂上までは岩場が続き、北側に回り込めば山頂です。

山頂には神社が祀られ、枕崎方面の海岸線、池田湖が望めます。


クローバートラベル・ホームページへ

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち開聞岳カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは至仏山です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。